FC2ブログ

逆援助やセックスがしたい!アダルト 紹介 サイトを知りたい男性が見るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性の性欲について

女性の性欲というもの、男のそれのように「射精したい」という明確なガキのような欲求ではないので、行為から遠ざかる事で消えてしまう部分もある。大雑把な見方だが30~40歳の人妻の四人に一人程度が「性的飢餓」乃至は「性的不満」を抱えて生活をしていると考えて良いのではないだろうか。だからこそ、それほど秀でた魅力もない私のような中年にも「束の間の春」いわばセフレが訪れるのであろう。「束の間の春」も重複、連続して起きると、これは「永遠の春」だともいえる(自慢しているわけではない)
「そんなことして好い気になっていると熟年離婚必至だ」などと陰口をきかれそうだが、「それも良いだろう」くらいの根性据えて不倫はしなければいけない。不倫は良いことかと聞かれたら、鸚鵡返しに「そりゃ拙いでしょう」などとステレオタイプの反応を示すようでは、人妻との不倫を上手に乗り切るタイプの人間でない事を肝に銘じた方が賢明である。中年まで生きてきた大人の人間としての言葉が出ないようでは、普通に見える少しくたびれた中年が「人妻不倫」に突入する事は難しい。
 そもそも屁理屈も含まれるが、男女の恋愛感情などというものは3~7年程度で寿命が来るものであろう。この恋愛という感情と永久に誓いを等と言わされる結婚という法的制度には土台無理が内在する。そこに家族というしがらみや子供という遺棄できない存在が夫婦という単位を構成している。勿論、情というものが生まれるので、これを幸運にも「愛」と勘違いした夫婦はそれはそれで幸福といえる。
 しかし、核家族が多くを占める都会生活では、子育ての一段落やセックスレスや倦怠期などが重なる事で、妻であり母である都会の女性のストレスは頂点に達する。それをバックアップするはずの家族という存在も単なる邪魔者であったり、文化のすれ違いで協力者相談者にもなりえない。先ほどのモテナイ中年ではないが、ステレオタイプのアドバイスなど聞きたくもないのである。
 このようにして、精神的空疎と肉体的飢餓を抱え、しかし主婦として充分に仕事をこなしている主婦兼妻にとって、その現状の打破はアイデンティティの確認のような意味合いさえ持っている。その解消の為の行動が買い物、食べ歩き、旅行、観劇、エステ、温泉、スポーツなどと同じレベルの土俵に「不倫」が鎮座している時代になったということが出来る。

テーマ : 日記 - ジャンル : アダルト

tag : 逆援助 逆援 人妻 エッチ セフレ メル友 出会い セックス 童貞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。