FC2ブログ

逆援助やセックスがしたい!アダルト 紹介 サイトを知りたい男性が見るブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初級セックス・テクニック

原則論をいえば、筆者は男女の自然なセックスにテクニックなんかいらないと考えている。最低、双方が好意を抱いていることが男女のセックスの成立要因である。必ずしも愛し合っていないといけないというものではない。
好きなら手を繋ぎたくなる、キスがしたくなる、抱きしめたくなる。この延長上にいわゆる男女のセックスがあるに過ぎない。たしかに、風俗とか逆援においても同様の行為を行うことは可能だが、ここにおけるセックスは男女双方が快感を得るためのものであり、男が金を払って専ら快感を得る行為は含まれない。
男女がセックスをするということ、そこには様々な形態があるだろうが、少なくとも好意を感じる程度の気持が双方に存在しているということが、このセックステクニックの前提にある。その意味で、風俗嬢・売春婦とのセックスや強姦などの行為は含まれないのは当然である。何故この件に固執するかというと、女性側が男性に対して、好意を持つ、好きという気持を抱く、大好き、愛している、尊敬してるなど、その男性に対してプラス方向の感情を持っていないと、どのようなテクニックを駆使しても、それは時間の無駄であり徒労に終わる可能性が高いからである。男性側はとりあえず射精が出来れば快感はあるのだが、上記のような感情を持っていない女性に対して、性的刺激を充分受けられるかどうかが問題になるだろう。若い性欲=勃起の時代ならば=射精で一件落着なのだが、年とともに勃起そのものが難しくなるかもしれない。
逆にいうならば、セックスの快感はテクニックによっても得られるものだろうが、愛しあう男女が抱合うだけでも性的快感は得られる。テクニックなんか全然ない男女でも、愛し合い、抱合いたい感情の盛り上がり次第では、挿入=オーガズムというプロセスもあり得る。つまり、好き合う、愛し合うという求め合う感情を持つことで、セックスにおけるテクニックは相当量猶予されるということだ。巷でよく言われる愛のないセックス(セフレとか行きずりの男女)だが、このような男女の関係にも、好ましい男とか可愛い女とか、広い意味の好感があるわけで、一種前向きなプラス思考がパートナー同士にあると考えるべきである。愛という言葉は兎角米国型認識で語られているので注意したいものだ。

それでは男女がオーガズムを得るまでの典型的状況を前提に順を追って、初級のセックステクニックのポイントを解説します。勿論、セックスの好みは個人差が大いにあるもので、すべての男女に当てはまるものではない。いうならば基本中の基本のようなもの、それぞれの個人差は自分で調整するのが賢明なのである。

テーマ : 日記 - ジャンル : アダルト

tag : 逆援助 逆援 人妻 エッチ セフレ メル友 出会い セックス 童貞

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。